Entries

スポンサーサイト

初夢

「こんな感じで良いかな?」詩祈はそう言いながらふわりと着替えたベビードールの裾を摘み上げた。最初にこの下着を渡された時は恥ずかしさのあまりに、赤面しモジモジとしてしまったがいざ着てみると思いの他可愛いのだ。内心ニヤニヤしながら、ふわりとベビードールの裾をつまみあげる。...

『華』

「そういえばねぇさん、最近BARを始めたみたいだけど何でいきなりBARなんか始めたんだ?」薄暗がりの店内、店の名物の大桜に背を預けのんびりと和酒を啜りながら禅はピアノを奏で続ける詩祈へ問う。室内を満たしていた緩やかな音楽は、詩祈の指先が垂れる事により事切れたかのように無音に支配される。大桜が深々と花弁を宙にくゆらせる中、詩祈は静かにうつむき瞳を閉じた。「簡単な事さね、私はある人の庭に惚れただけなんさ」詩...

if2

詩祈「実は、前回の1絵1説の絵の修正バージョンを貰ったんだよ。そうしたら・・・ 前の絵と状況と合わなくなっちゃったんだ、だから私は別の絵として考える事にしたんさね!!」だって・・・胸元が開いてるからドレスかと思ったんだよぅ・・・という訳で、修正絵Verのお話さね...

if

薄くカーテンで仕切られた室内には、大きく打ち付けられた鏡が威圧するかのように立っていた。淡い桃色の下着に身を包み、半ば放心状態で目の前のモノを見つめる。...

話なんかより笑顔のままに

禅「今回の『1絵1説』コーナーにお話はありません」詩祈「『J』さんの描いたティアの笑顔が全てなんだよ」紅翼「あん子も、こないに笑えたんやねぇ」...

Appendix

プロフィール

七崎詩祈

Author:七崎詩祈
暴走が暴走を呼び暴走に到る

走り突っ込み省みぬ。

この生き様を貴方にも

(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。